埼玉・東京・千葉で注文住宅 / SE構法・パッシブデザイン

「気持ちいい家」建築・設計デザインRクラフト株式会社

STAFF

「春画展」が開催される。

2015.08.11|STAFF2015:08:11:11:47:19
20150811gazou1.jpg
2015年8月11日 | other, デザイン 
 

 


ヤナギです。

 

 

「春画」と言われるものを観たことありますか?

わたくしも実物を目にしたことは少なく、本での特集で観たことがある程度です。

「春画」とは江戸時代に流行した浮世絵の一種で、
男女の性的な営みを描いた挿絵や、好色的な内容の本文を持つ本、
あるいは 、男女の交わりを描いた肉筆画、版画などを指します。

 

著名な浮世絵師のほぼ全員が描いていて、
男女の性的な営みをメインとしながらも、
写実的なものもあれば、芸術作品や文学のパロディであったり、政治風刺などもあったようです。

また、春画には、戦闘前の武士の士気を高めたり、
火除けのお守り、若い夫婦のための性教育の教材といった意外な用途もあったと言われています。

 

技術的な面においても、その他の 浮世絵や版本を凌ぐ 高い水準にあり、
あのピカソやロダンにも影響を与えたとも言われ、欧米で高く評価されているそうです。

日本ではというと、明治以降ワイセツ画との扱いをされ、
日本の文化でありながらも「春画」だけの展示会はこれまで開催されていませんでした。

 

日本での開催がされない中、
2013年にイギリスの大英博物館で開催された特別展「春画 日本美術における性とたのしみ」では
4カ月で約9万人の来場という盛況ぶりだったとのことです。

 

今回日本で初めて開催されるこの『春画展』は
多くの美術館が芸術性や展覧会の意義は認めつつも
「批判が怖い」「警察に摘発されるのではないか」などと拒否をされ、
開催対象を商業施設まで広げても開催にこぎ着けず、
契約の直前でひっくり返されたこともあったといいます。
なんと交渉すること二十カ所以上という中で、東京都文京区の永青文庫での開催となりました。
ただし、開催にあたってのスポンサーは1つも付いていないといいます。

 

 

さてさて、日本での反響はいかに!?

ご興味ある方は足を運んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

『春画展』

http://www.eiseibunko.com/shunga/index.html

2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)
前期:9月19日(土)~11月1日(日)
後期:11月3日(火・祝)~12月23日(水・祝)
※会期中展示替えあり
会場:東京都 江戸川橋 永青文庫
時間:10:00~18:00(9月~11月の金、土曜は20:00まで開館予定、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝休日の場合は開館)
料金:1,500円
※18歳未満入場禁止

 
Category
Recently
Archive
R.クラフトの家づくり
当社の家づくりの特徴や、
ご検討に必要な内容をご紹介いたします。
R.クラフト
まずはご連絡ください。

予算について、土地について
間取りについて、デザインについて
家づくりに関するお悩み、まずはお気軽にご相談ください。
どんなご質問も誠実に対応させていただきます。

ページの先頭へ戻る