埼玉・東京・千葉で注文住宅 / SE構法・パッシブデザイン

「気持ちいい家」建築・設計デザインRクラフト株式会社

《もの・こと・ノート》

鉄のフライパン『Turk』

2016.05.19|《もの・こと・ノート》2016:05:19:17:17:19
001.jpgのサムネール画像





《もの・こと・ノート》


みなさま、こんにちは。
最近になり「ふるさと納税」たるものを始めました。
とっくにやってるよ~という方もいらっしゃることと思いますが、簡単に・・・。

「ふるさと納税」とは地方自治体への寄付です。
自治体に寄付をした場合確定申告を行うことで、その寄付金額の一部が所得税および住民税から控除されます。
ふるさと納税では、自己負担額の2000円を除いた金額が控除の対象となります。
自治体からは納税したお礼に各地域の特産品や美味しい物が届けられます。

税金が控除され、お礼品までもらえるという・・・(お礼品は自分で選べます♪)
これはやらなきゃ損!っということで活用することにしました。

詳しい内容はこちらをどうぞ→http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html


今までに届いた美味しい物たち

F.jpgのサムネール画像

忘れたころに送られてくるので、届くたびひとり声をあげて喜んでおります。( ^∀^ )





さて。
ずっしりと重く、硬く、そして使いこむほどに馴染んでくる鉄のフライパン『Turk』。
数年前にかっぱ橋道具街でお目にかかり、完全なるわたくしの一目ぼれでした。
その後も調べに調べを重ね、造られる工程や性能、耐久性を知り・・・
「フライパンを持つなら、これしかない!」と。


004.jpg


それまで使っていたしょうもない3つのフライパンとはさよならをし、Turkのフライパンひとつになりました。






★1857年に鍛冶職人のアルバート=カール・ターク氏がドイツに創業。
鉄の塊を高温で熱し、何度も何度も叩いて鍛造を繰り返し、一枚のフライパンへと仕上げていきます。

蓄熱性に優れており、ムラなく火が回り強火で手早く調理ができます。
特に食材本来の持ち味を生かした調理に威力を発揮します。
継ぎ目のない一枚の鉄でできたフライパンは、適切なお手入れをしていくことによって100年使えると言われています。


003.jpg


無骨ながら美しい・・・(*゚ロ゚*)




002.jpg


お肉の調理はほぼ完ぺきです。
皮はパリッと、中はやわらかくジューシー♪に仕上がるのが特徴です。
食材の旨みをじゅうぶんに引き出してくれる優れモノです。


使い初めに「油ならし」というものをしっかりとやっておけば、くっついてしまうということはありません。
使えば使うほど、鉄肌に油がなじみ、どんどん使いやすくなっていきます。



005.jpgのサムネール画像


一生もののフライパン。
いつかは娘に譲り伝えていけたらすてきだな・・・と思いました。

・・・というか、大事にしてくれますか、ね。笑
お願いですからサビサビにしないでクダサイ (´・ω・`)


空気がカラッとして気持ちのいいお天気が続きそうです。
たのしいうれしい週末となりますように。


それでは、また。


のりこ

image1 - コピー.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

Category
Recently
Archive
R.クラフトの家づくり
当社の家づくりの特徴や、
ご検討に必要な内容をご紹介いたします。
R.クラフト
まずはご連絡ください。

予算について、土地について
間取りについて、デザインについて
家づくりに関するお悩み、まずはお気軽にご相談ください。
どんなご質問も誠実に対応させていただきます。

ページの先頭へ戻る