埼玉・東京・千葉で注文住宅 / SE構法・パッシブデザイン

「気持ちいい家」建築・設計デザインRクラフト株式会社

Report

配筋検査に行ってきました

2018.09.29|YY-HOUSE | 千葉県流山市2018:09:29:16:56:21
YY-HOUSE 配筋検査 (1).jpg


9月某日
千葉県流山市のY様邸現場にて配筋検査が行われました。

SE構法は地盤調査データからその土地の強度、建物の間取りより
1棟1棟個別に構造計算をして基礎の構造を決定しています。

現場では鉄筋の径、継手位置、定着長さ、スラブ補強筋範囲、配筋ピッチ、
鉄筋とコンクリートのかぶり厚さ、アンカーボルト位置など確認していきます。


YY 111.jpg



組みあがった鉄筋はコンクリートを打設してしまうと
見えなくなってしまうので事前の検査は大切です。

引き続き現場の方進めてまいります。


(棟方)

Category
Recently
Archive
R.クラフトの家づくり
当社の家づくりの特徴や、
ご検討に必要な内容をご紹介いたします。
R.クラフト
まずはご連絡ください。

予算について、土地について
間取りについて、デザインについて
家づくりに関するお悩み、まずはお気軽にご相談ください。
どんなご質問も誠実に対応させていただきます。

ページの先頭へ戻る