ブログ

見出しの棒線

『グスタフスベリ』のカップ&ソーサー

2016.01.08

 

みなさま、こんにちは。
元気でお過ごしでしょうか。

《もの・こと・ノート》の更新がずいぶんと空いてしまいました・・・。
今年はもう少し、もうすこーし頑張ってアップしていきますので、どうかよろしくお願いします。

今、少しずつ集めているカップ&ソーサーがあります。
スウェーデンの『グスタフスベリ』です。

いつもの慌ただしい朝や、家事や育児の合間、仕事の休憩、ゴロゴロしたい休日、子供を叱った後・・・
毎日は忙しく過ぎていきますが、そんな時にこそお気に入りのカップでホッと一息つきたいものです。
グスタフスベリのカップ&ソーサーは程良いサイズ感とデザインで気持ちが安らげるアイテムです。

 

 

復刻版『スピサ・リブ』

ミッドセンチュリーを思わせる色合いとフォルムが魅力で、実用的に使うことはもちろん、アートインテリアとして棚に飾るのも素敵です。

 

武田シャチョウお気に入りの『チュールチュール』

 

時を経ても色あせない『アスター』

 

★グスタフスベリは1825年、スウェーデンのストックホルムに設立されました。
スウェーデンの中でも屈指のデザイナー「ヴィルヘコム・コーゲ」や「リサ・ラーソン」など数々のデザイナーを輩出させた名門陶器メーカーです。
現在では一時は生産中止になったものの、世界中のコレクターたちの強い支持と要望によって復刻されています。
50年前と同様に、ほとんどが職人の手作業のため、日本への入荷も数少ない貴重なアイテムとなっています。

 

なんだか裏までかわいいし(//∀//)

 

大きなマグカップで飲むのも大好きですが、気分によって「今日はどれにしようかな~」なんてカップを選ぶことが、ちょっとゆとりのある…贅沢な気分にさせてくれます。

ささやかな楽しみではありますが、疲れた時にはホッと一息入れて、自分をいたわってあげてくださいね。

 

R.クラフトの見学会でもディスプレイとして登場しています。
ぜひ見にいらしてくださいね( ^∀^ )ニコ

それでは、また。
みなさんの毎日がおだやかに満ちて過ごせますように。

のりこ