ブログ

見出しの棒線

『Cutipol』のある食卓

2016.02.14

 

みなさま、こんにちは。
温暖、温暖♫と余裕でいたのもつかの間・・・。
本格的な冬、きちんと来ましたね彡( ゚ε゚; )彡ヒューヒュー
・・・そんなことを言っている間に、今日の暖かさといったら!
関東地方では春一番が吹いたと発表されたようです ( ;゚д゚)アッ
体がついていけません。

食物調理科の高校に通っている我が家の次女が、課題で【世界のごはん】に取り組むことになりました。
イタリアンや中華じゃ、他にもいるだろうし・・・と悩んだ末「ドイツ料理」に決定!!
一緒になって調べたり、試作しているうちに母である私の方がムキになって、必死になったりして ∑(*´∀`*)

 

 

実際にドイツに行ったことも、ドイツ料理を食べたこともないので、コレでいいのか??と疑問ですが
楽しかったので、良しとしちゃいます。
味の方はといいますと・・・・・・・・どうなんでしょう、こんなもんなのかな (。-∀-。)

今、注目していておすすめしたいカトラリーブランドである「Cutipol Goa」シリーズ!
フォーマルにも、カジュアルにも、色々なテイストの食卓になじみやすく、とても使いやすい一生もののカトラリーです。

 

 

★Cutipol(クチポール)はポルトガルにおける伝統を継ぎながらも、人間工学に基づいたデザインを追求し、機能性と現代的センスを見事に融合させています。

製造工程についてもクチポール社では今でも理想の曲線の美しさを表現するために多くの工程を人の手によって表わされています。
その手作業だからこそ、繊細なカーブやフォークの線など、マシンでは表せない洗練されたデザインが生まれるのです。
こうしてできるカトラリーはその一本一本がクチポールの誇りであり、その誇りを記すため、製造最後の工程で【Cutipol】と刻印が捺されます。

 

 

ナイフの先端のギザギザが、お肉の固い食材も楽に切り分けられるよう加工されていますが、大切な食器を傷つけないために、直接お皿に刃が触れないよう工夫が施されているようです。

 

 

なかなか一度には揃えられないので、少しずつ、家族にバレない程度に入れ替えていきたいと思います(^u^)

それでは、また。
寒暖差がありますが、体調には気をつけて日々をお過ごしください。

のりこ