ブログ

見出しの棒線

【ウェグナーの傑作 Yチェア】

2019.03.21

R.クラフトです。今日も気ままに投稿していきます。お役に立つかはわかりませんが、時間のある方は見てみてください。

前回は世界的な家具デザイナーであるHans J. Wegner(ハンス・J・ウェグナー)についてご紹介しました。今回は彼の代表作として知られる「Yチェア」についてお伝えします。

 

 

全世界で50年以上にわたって販売され続けているYチェアは、500種類以上あるとされるウェグナー作品のなかでも最大のベストセラーと言われています。Yチェアの由来となっているのが、背中を支える支柱。Yの字になっていることから、Yチェアと名付けられました。

このイスは座面の奥行きがゆったりしているほか、背もたれと一体となった肘掛けが緩やかな曲線を描いているのが特徴です。

ウェグナーは1943年、中国・ 明朝時代の椅子にインスパイアされ「チャイニーズ・チェア・シリーズ」のデザインを開始。そのシリーズの最後のイスとして、1949年、Yチェアが誕生しました。Yチェアは機械化による大量生産で低コスト化を目指しつつも、品質の維持を追及。組み立てと座面のペーパーコード (樹脂を含浸させた紙を縒った紐)の編みこみは職人の手によっておこなわれています。

最後までありがとうございます!

ではまた。

※画像引用元:カール・ハンセン&サンジャパン