ブログ

見出しの棒線

世界最速のインディアン

2019.06.11

こんにちは、新たにブログを担当することになったR.クラフトの佐藤です!

基本的にブログには「好きなことを書いていい」とのことなので、
今日は映画の話をしてみようと思います!

出典:allcinema

「世界最速のインディアン」という映画をご存じでしょうか?
主演は「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のレクター博士で有名なアンソニー・ホプキンス。

63歳のおじいちゃんが昔から大切にしてきた型遅れのバイクで、
1000cc以下のオートバイ地上最速記録(未だ破られていない)を叩き出すという実話を基にしたヒューマンドラマです。

ちなみに実話の基になっているのは、バート・マンローというニュージーランド出身のオートバイライダー。インディアンモータースのインディアン・スカウトというバイクを50年も乗り続けた人だそうです。

出典:live door

あらすじだけ見ると、いわゆる夢追い系のサクセスストーリーと思われがちですが、
この映画には人間模様とはまた違った趣があるんです!

というのはこの世界記録を樹立したインディアン・スカウトというバイクは、
今は無きインディアン・モトサイクルという実在したアメリカ最古のオートバイメーカーのもの。

1920年代はハーレーダビッドソンよりも高級なバイクとして人気を博していましたが、
紆余曲折あって1950年代に会社は解散しています。(現在は再興されているようですが)

出典:fc2 Blog

要は非売品かつ型遅れのバイクをバート・マンローが手塩に掛けながら何十年もカスタムし続けて、
未だ破られていない最速記録を叩き出した!しかも63歳で!というところに男のロマンがあるんです!

という話を妻に力説したところ「うん、男の人が好きそうな映画だよね」と一蹴されてしまいましたが、バイク・車好きだけでなくヒューマンドラマ好きの方まで広く楽しめる作品だと思います!

P.S ちなみにうちの社長も「世界最速のインディアン」ファンでした。