ブログ

見出しの棒線

今年の社員旅行は和歌山へ

2019.12.03

R.クラフトの佐藤です!少し前になりますが、今年のR.クラフト社員旅行は和歌山県へ行って参りました。朝4時起きで始発電車に飛び乗り新幹線で新大阪、そこから電車を乗り継いでなんばから南海特急で和歌山市へ。そこからレンタカーで高野山~龍神温泉~熊野本宮大社とまわる旅です。

まず高野山に着いたら奥の院を散策。一の橋から御廟まで約2キロの道を歩きます。道沿いには20万を超える墓石!中には武田信玄、織田信長、豊臣秀吉など有名人のお墓もありますが、こちら誰でもここのお墓を購入できるというから驚き!

ちなみに奥の院の手前にある御供所には弘法大師様がいらっしゃるとのことで宮司さんが朝晩と食事を運びます。これまた精進料理と思いきや、最近はパスタや焼きそばなど種類豊富だそうです。

続いて訪れたのは宿泊場所である龍神温泉の上御殿。龍神という地名は源氏の兵士が逃げてきて身を隠した場所だからだそう。宿で食事のときに「おかみのリュージンと申します。何かご質問などありますか?」と聞かれていたのですが、宴会スタート間近ということで社長はスルー。

翌日、出発してから龍神の由来を知り「子孫!なぜ俺はあの時、おかみに質問しなかったんだ!」と激しく後悔していました。

最後は熊野本宮大社。熊野本宮大社は家津美御子大神(スサノオノミコト)が祭られているところだそうです。あちこちで目にする八咫烏(ヤタガラス)は日本書紀・古事記に登場した鳥だそうで、サッカー日本代表のユニフォームでもおなじみですね。この日はガイドさんをつけながら熊野古道を歩き那智の滝へ。

那智の滝は高さが日本一だそうで。滝の下にある石がワンボックスカーくらいのサイズです。2011年の東日本大震災後で報道はされなかったそうですが、当時和歌山に台風が上陸して、ヴェルファイアくらいの石がゴロゴロ落ちてきたそうです。

ガイドさんが居てくれるとその土地の出来事や歴史を詳しく教えてくれるのでとても楽しめました!

以上、R.クラフトの社員旅行でした~。和歌山、個人的にはじめて行きましたが、趣のあるスポットがたくさんあってまた来てみたいと思える素敵な場所でした!