ブログ

見出しの棒線

何度行っても飽きない「江戸東京たてもの園」

2020.03.14

R.クラフトの佐藤です!建物を勉強するわけでもないのですが、数年前から定期的に通っているのが東京都は小金井市にある「江戸東京たてもの園」。

ここは面白いですよ。何度行っても飽きません。

ちなみに江戸東京たてもの園とは江戸時代以降の歴史的建造物を移築して保存しているところ。

各時代の建物が多数再現されているので「昔の人はこういう街で暮らしてたのか~」と

生まれてない時代に想いを馳せ、勝手にノスタルジックな気持ちを楽しんでします。

江戸東京たてもの園より引用

個人的に毎回行くのがこちら。常盤台写真場(ときわだいしゃしんじょう)です。

ここはすごいですよ。場内に案内してくれる方がいて話を聞いたのですが、

今はフラッシュやレフ板を使って光を調整して写真を撮るけども、

昔はそういうものがないから建物の窓の大きさや角度を調整して写真を撮ったんですと。

スマホを渡して撮ってもらったら、とても綺麗で柔らかい印象の写真に仕上がるという…最高です。

 

行ってみよう!楽しい街より引用

あと、こちらは見覚えあるでしょう。

そう「千と千尋の神隠し」で窯じいのいるところですね。

ここを参考にしたかはわかりませんが、ジブリの雰囲気を味わえるスポットもたくさんあります。

 

 

ちなみに3月からは「大銭湯展」。足立区千住元町から移築した「子宝湯」と共に江戸時代から銭湯の歴史を振り返るという趣のある内容です。

これは行くしかない!と思い立ち先日行こうとしたのですが、ホームページを見たところ例の件でお休み中とのことでした。。

9月までやっているそうので落ち着いたら行ってこようと思います。