ブログ

見出しの棒線

春に行きたい清澄庭園

2020.04.26

R.クラフトの佐藤です!

気温も安定してスギ花粉も収まりつつある今日この頃、お出かけの季節です。

とはいいつつ…自粛期間でなかなかお出かけもできませんが、、

今日は次の春には行きたいおすすめスポット「清澄庭園」を紹介してみようと思います。

 

都営大江戸線「清澄白河駅」より徒歩すぐの「清澄庭園」は、

江戸時代の大名の下屋敷を三菱の創業者、岩崎弥太郎が明治時代に買い取り、

賓客接待を目的とした庭園にしたという場所。

中央にある池の周りには古き良き時代を感じさせる数寄屋造りの建物…

都会の中にこんな場所があるなんて知りませんでした。

 

僕はあまり詳しくないのですが園内には

伊豆磯石、伊予青石、紀州青石、生駒石、伊豆式根島石、佐渡赤玉石、備中御影石、讃岐御影石など

数々の名石が置かれているみたいです。

 

水辺にはいたのはアオサギ。これだけ近づいても全然逃げませんでした。

ほかにもカルガモやキジバトなど普段目にしない鳥がたくさん。

バードウォッチングや絵を描いている人もたくさんいました。

 

こんな感じの橋を渡ったり写真を撮ったりしながらゆったり1時間の散策。

園内のボランティアガイドさんに声をかけると各名所や楽しみ方を教えてくれます!

東京とは思えない静けさと自然がある清澄庭園の入園料は150円と破格です…

 

そして!

 

散策してお腹が空いたら隣駅「門前仲町」にある、

大衆ステーキ屋さん「加真呂(かまろ)」のカマロステーキ(ハラミ)!

昔、職場が近かったので通っていたお店です。

 

清澄庭園→加真呂のコース、来年の春 お休みにいかがでしょうか?