ブログ

見出しの棒線

高校野球の季節ですね

2019.08.13

R.クラフトの佐藤です。学生時代サッカー部だった僕は特段野球に詳しいわけでもないのですが、弟が高校球児だったせいか。高校野球にはちょっとした思い入れがあったりします。

先月、甲子園の埼玉大会開会式があった日、午後の仕事が休めそうだったので大宮のオフィスを出てコンビニでビールを買い、ほろ酔い気分でトコトコと県営大宮球場まで歩いて観戦に行ってきました。

出典:埼玉新聞

到着したのが遅かったせいか試合は6回裏と終盤に差し掛かるところ。スコアは4対3と拮抗したまま、あっという間に9回裏を迎えました。

1点入れれば同点で延長、2点入れれば逆転勝ちという緊迫したこの状況。何が起こるかわからない。高校野球の面白いところですね。

一人目の打者は打球がレフトに飛んでアウト!かと思いきや、野手は緊張したせいか痛恨のエラー!で出塁。

この時点で静まり返っていたブラスバンドが息を吹き返し、会場がどよめきはじめます。

そしてノーアウトで二人目の打者。これはセンターに打ち上げてしまいアウト!かと思いきやまたしても野手と野手の間に落ちるエラー!

 

えー!!!!!

 

と酔いもさめてしまう展開に目が離せません。

そしてノーアウト1塁2塁で迎えた三人目の打者は、さすがにピッチャーゴロ。

これで劣勢のチームも落ち着きを取り戻…と思ったところで、三塁に投げた球が大きく反れてまさかの送球エラー!そしてそのまま2人がホームに返るというドラスティックな展開で試合終了!

「あんなことが起こるから高校野球はわからないな~」と思いながら帰り、迎えた朝。何気なくテレビを見ていると昨日のニュースがやっているではありませんか。

しばらく見ていて知ったのですが、4対3で勝っていて逆転されてしまったチームは、過去二大会ともに初戦コールド負けをしていたチームだったそうです。ピッチャーの子がインタビューで言っていました。「9回の裏まで投げることができて幸せでした」

一夜越しに涙腺崩壊ですよ。これだから高校野球は面白い。今年も少年たちの熱い夏がやってきましたね。